MESSAGE 代表者からのメッセージ

リフォーム三光サービスは
「ひとのちから」を大切にしている会社です

宮﨑 高志Takaishi Miyazaki

株式会社リフォーム三光サービス 代表取締役社長

リフォーム三光の考え方

リフォーム三光サービスは、技術者の養成と雇用を生み出す場にしたいと考えています。

リフォーム・リペア・リメイクを施すことで、お客様にファッションを楽しんで頂くことが私たちの仕事。

それと同時に技術者の養成と、その技術を活かして働く雇用の場を積極的に提供していきたいと考えています。

特に力を入れているのが、高齢者と障がい者の雇用。「人の役に立ちたい」と思いながら、活躍の場が与えられていない人たちのため、多店舗展開を進め雇用を増やす努力を続けています。

年齢や性別、障がいの有無に関係なく全員が幸福になり、みんなが頑張れる会社。

そんな姿を理想とし、これからも事業を進めていこうと考えています。

大切な衣服を最高の一着にできる
会社をめざしています

私たちは、衣服のリフォーム・リメイク・リペアを通じてお客様一人ひとりの服に対する想いを感じ、業界の常識や既成概念にとらわれない積極的な提案力を持って、大切な衣服を最高の一着にできる会社をめざしています。

時代の変化とともに、ファッションに対する価値観や趣向も多種多様に変わりつつあります。そんな中、お直しの技術がファッションに与える価値や需要は、今後さらに高まってくると私は信じています。

「ひとのちから」を大切にしています

リフォーム三光サービスが大切にしていることの一つは「ひとのちから」。高い技術力を持ったベテラン経験者はもちろんのこと、若手スタッフやハンディキャップを持ったスタッフも積極的に採用しています。

コミュニケーションを大切にし、熱意と向上心を持って仕事ができる方を求めています。さらに技術とアイディアを磨き、ともにお直しの価値を高めていきましょう。

社内リメイクコンテストの開催

リフォーム三光では、スタッフのスキルアップとモチベーションアップを図るため、
年に一度社内リメイクコンテストを開催しています。
スタッフによるリメイクのアイデアがたくさん詰まった素晴らしい作品が集まり、
その中からスタッフの投票により1番人気の作品が決められます。

これまでのコンテスト

第1回 SANKO社内リメイクコンテスト

お題『白シャツ』

2015年夏、スタッフが白いTシャツとYシャツのリメイクにチャレンジ! なんの変哲もないシャツがアイディアと技術で様々なデザインへ変貌しました。

第2回 SANKO社内リメイクコンテスト

お題『残った生地でオリジナル小物作り』

第2回 SANKO社内リメイクコンテストでは、日頃培ったアイディアを駆使して、余った生地を使ってオリジナルの小物作りを競いました。

第3回 SANKO社内リメイクコンテスト

お題『無地トート』

第3回のリメイクコンテストでは、無地のトートバックをキャンパスに、オリジナリティーあふれる作品が集まりました。

雑貨作家さんの作品が、
見れる×買える×注文できる!

三光スタッフが作った雑貨を
イムズ店に展示しています。

イムズ店では、リフォーム三光のスタッフが作った小物や、注文の多いレッスンパック等の雑貨を随時、展示即売しています。オリジナル雑貨の注文も承っています。